有機野菜の特徴

現在、専門店が出来るほど、オーガニックと言う言葉が浸透してきています。
オーガニックというのは、有機野菜のことを指します。
有機野菜は、値段が高いイメージがあり、購入するのに迷う事もあります。
ですが、その分健康的なものであることには変わりありません。
安いものを消費しがちですが、ある程度いい値段のものを買って食べることも体にとって大切です。
有機野菜は、味もとてもいい野菜と言われています。
通常販売されているものよりも、甘くてみずみずしいものが多いのが特徴です。

有機野菜は、野菜の中でも栄養価が高く、健康的な体づくりを行なう上で適しています。
抗酸化物質というものが含まれていて、通常の野菜と比較するとフェノール系抗酸化物質が7割近く多く含まれているというデータもあります。
有機野菜は、農薬を使わずに栽培を行っている野菜です。
野菜自体が害虫や病気から自分の身を守るため、抗酸化物質を多く作るのではないかと言われています。
抗酸化物質とは、人間の体内の活性酸素を除去する効果があります。
活性酸素は、年齢を重ねるために起こる老化などの原因だと言われています。
栄養価の面でも、ビタミンなどを多く含むため注目されています。

有機野菜には、定義が存在します。
3年以上農薬を使わない畑で作った野菜、というのが条件です。
また、原則的に農薬が使われていないものを有機野菜と呼んでいます。
その他の基準としては、放射性物質が含まれていないこと、遺伝子組み換えではないことなどが含まれます。
逆に普通に売られている野菜は、遺伝子組み換えである可能性や放射性物質が含まれている可能性があるといえます。
安全性を重視するのであれば、有機野菜を選んで食べましょう。